HOME | ウェブショップ | ごはん | お肉 | おやつ | パン | ハーブ | 雑貨 

手作り石けんのことを少し詳しく

材料の石鹸素地とは、天然の油脂を鹸化反応させて得られる高級脂肪酸ナトリウムという成分です。この鹸化反応とは、油脂に水酸化ナトリウムなどの塩基を使っ て、グリセリンと高級脂肪酸ナトリウムに加水分解することをいいます。少し難しいようですが、石鹸素地とは化学反応で得られる化学物質といえます。しかし、この石鹸素地は既に約5000年もの間、人々にずっと使われてきて安全性が確かめられています。
また、こうして作られた石鹸素地は生分解性に優れ、外に流れでても環境中のカルシウムイオンやマグネシウムイオンと結合して石鹸カスになって界面活性力を失い毒性もなくなります。この石鹸カスは水生生物の餌となるために生分解性が極めて良く、環境にもやさしいのです。
※ 界面活性剤とは、本来混ざらない水と油を混ぜる働きがあり、油汚れなどが水で容易に洗い流せるようになります。また水と油に界面活性剤を加えることで均一に混ぜ合わせる(白濁して分離しない)ようにする乳化という働きもあります。界面活性剤はこの乳化剤として化粧品などにも使わています。
合成界面活性剤(合成洗剤など)は原料の天然の油脂が入手困難になったり、より強い洗浄力を求めた結果生まれました。主に石炭や石油などから作られ、石鹸より水溶 性に優れ、洗浄力が強く製造コストも削減し、便利に使えるようになりました。 しかし、一方では自然界に流れ出ても石けんカスにならず、生分解性が悪く、水質汚濁の原因物質であると指摘されています。また皮膚などへの浸透力も強く、 肌荒れや脱毛、アトピー性皮膚炎の原因物質のひとつであると考えられています。
この「ハーブのせっけん」は、薬事法で登録されている自然化粧品製造社によって作られた安心して使用できるパームオイル・ココナッツオイルの植物油脂を原料に用いて鹸化した石鹸素地を使用しています。
材料を溶かして鹸化させて固めるタイプの手作りされた石けんの中には、この鹸化が不完全な状態のものがあり、お肌に刺激を与えていることがあります。もちろんこの「ハーブのせっけん」に使用している石鹸素地はきちんと鹸化されているものですので、そのようなことはありません。


セラピスト栗山(元 化学者)のオススメポイント

一度使っていただくと、この「ハーブの石けん」の凄さがわかっていただけると思います。
泡立ちがいいので、そのふわふわの泡で包みこむように洗ってあげてください。
擦ると皮膚が傷つきます。擦らなくても汚れはキチンと落としてくれます。
なので洗うのは1回で充分です。すごく汚れているとか脂漏性だという場合以外は何度も洗うと皮膚が乾燥します。
泡切れがいいですが石けんが残らないようにキッチリと流してあげてください。石けんでシャンプーするだけでもいいですが、ハーブティーでリンスするとサラサラふわふわの被毛になりますよ! (←リンス用のハーブは、ご注文いただいたらブレンドいたします。お値段は4〜5回分1000円ぐらいです)
らくいぬ生活のグルーミングルームでも使ってもらってましたが、どのトリマーさんもあまりにもしっとりするのでビックリされてます。
皮膚トラブルのわんちゃんにもぜひ試していただきたいです。


 
毎日の健康維持に!

手間と時間と愛情をたっぷり込めた美味しいごはんです。もちろん保存料などの添加物は使ってません。
商品詳細


 
ジャーキーなどのお肉のおやつ

お肉の素材をそのまま使ったので、ごはんの代わりにもなるおやつです。
商品詳細


 
クッキーやビスケットなどのおやつ

手軽に召し上がれる米粉を使ったおやつです。
商品詳細


 
グルテンフリーの米粉パン

ピザなど小麦粉を使わず作った米粉のパンです。
商品詳細


 
サプリ代わりに使えるハーブ

天然のドライハーブは自然の濃度で身体に無理がありません。
商品詳細


 
使えば納得の雑貨

こういうのがあればいいのになーを作りました。
商品詳細